カテゴリー
マインドフルダイエット

寺での体験、精進料理で感じたこと

こんにちは、佐東拓弥です。

今回は数日前に書いた、マインドフルネスに出会った経緯に書いた、精進料理についてです。

精進料理は、寺で食べました。

凄い昔に何回か葬式でしか食べたことがありませんでした。

肉っけ、魚っけもないし、全く美味しいとは思いませんでした。

ですが、この精進料理でマインドフルネスに対する考え、精進料理に関する考えが変わりました!

マインドフルダイエットに出会った経緯。

精進料理の感想

精進料理を寺で食べた時は、寺の修行体験中でした。

座禅をした後の精進料理。

30分ほどかけて、ゆっくり料理を食べるのは「マインドフルダイエットに出会った経緯。に書きました。

ですが、本当の修行では、何時間もかけて目の前の料理を食べるそうです。

僕が受けたのは、軽い修行体験だったので、30分~1時間ほどでした。

マインドフルネスに興味を持ったキッカケですね。

目の前に出てきた料理は、精進料理でおまけに量がかなり少ない。

お坊さんの修行では、これを何時間も黙って食べるのかと思うと、凄い修行をしているのだと感心しました。

それと同時に、何の意味があるのか、分かりませんでした。

もっと正直にいえば、無駄なことだと思っていました。

しかし、いざ食禅が始まると、世界観が一変!!

料理の出来の良さもあったと思うが、目の前にある料理に向き合うだけで、こうも美味しく感じるとは。

まずは、住職の教え通りに器から眺め、食材を眺め・・・。

さすが、マインドフルネスの原点、これはすごく質・レベルの高い食膳セレモニーをしているようだと感じました。

そして味、ゆっくり咀嚼、そして料理に向き合いながら食べる。

出された精進料理は、素材の味を楽しんでもらうために薄味にしているとお坊さんは言っていました。

きっと、良い素材なんでしょうけど「素材の味」という言葉はよく言われますが、味気ないし僕は苦手でした。

ですが、この精進料理は美味しかった。

カボチャの甘味、味噌汁の味、他にも食卓に出てきたらハズレと言われかねない食材も、全てが料理に向き合うだけで忘れられない味になりました。

そして、その後です、あんな少ない料理で、心地よい満足感とともにお腹がいっぱいになりました。

それまで、弁当二つに食後のデザートを食べてやっと満足する人間だったのに(笑)

素晴らしい体験ができました。

カテゴリー
ダイエット定期報告

ストレスが関係する!空腹の正体見極めたり。

夜中にドカ食いしてしまう、強烈な空腹。

僕もつい昨日襲われました。

しかし、いつもは衝動に任されてコンビニに走りましたが、昨日はなぜか食べたい欲求に襲われても冷静でした。

マインドフルネスのおかげでしょうか。

空腹を感じたときはストレスがあった

欲求を感じたときは、ストレスがありました。

昼食、夕食をガッツリ食べたのに、食べたい衝動にかられました。

実は、食べたい衝動はあるものの、冷静に分析すると空腹ではなかったんですよね。

あるのは食べたい欲求のみでした。

そこで、冷静になるといかに自分がオートモードで食事をしているのかが分かりました。

とりあえず、満足できるだけの食料とカロリーな物を口に運んでいたんだと思います。

イライラしたら食べ、とりあえず一過性の満足を得ていたのだと、知ってはいたけど、改めて肌身で感じた日でした。

空腹の正体も、ストレス。

何をするにもイライラしていたので、そんなときの食べたい欲求でした。

マインドフルネスでイライラを抑える

マインドフルネスをする余裕もあったので、さっそくしました。

ボディスキャン。

始めてボディスキャンを知ったのは、研修で行ったセミナーでした。

始めてしたときは、会場の雰囲気もあり、効果を感じた気がしました。

ですが、たった1回で身に付くものではありません。

しかし続けていくうちに、効果がありました。

欲求と向き合えることが出来ました。

そうすると、欲求に頭が支配されなくなり、コンビニに走ることもなかったです。

カテゴリー
ダイエット定期報告

マインドフルダイエットに出会った経緯。

 

こんにちは、佐東拓弥です。

マインドフルネスを応用したダイエット法のブログをしていますが、僕がマインドフルネスと出会ったキッカケを話したいと思います。

これまでのダイエットの失敗が、食欲を我慢できなかったことなのは分かっていたのですが、でもだからとはいえ、どうしたらいいのか分かりませんでした。

それにこじつけて、ダイエットも中々始められない日々を送っていました。

瞑想との出会い

しかし、ある日知り合いに無理やり連れて行かれた寺での禅の修行体験で、世界観が一気に変わりました。

僕が体験したのは、座禅と、食禅。

座禅とは、よくTVや漫画であるような、寺で背中をバチーン!と叩かれるアレです(笑)

その時は瞑想と身体の形だけで、バチーンなしのゆる~い修行体験コースでした(笑)

続いて、食膳も体験しました。

こちらも、本来はもっと手順を踏むのですが、いくつか省いての体験。

・座禅

まず、始めに座禅を体験したのですが、すっきりしました。

たった一度で清々しい気分になりました。

これが瞑想の力かと驚いたのを覚えています。

・食禅

僕は精進料理があまり好きではありませんでした。

葬式くらいでしか食べたことがなく、肉、魚もなくて、正直不味いというイメージでした。

しかし、寺での食事の時間。

みんな喋らず、そしてゆっくりと時間をかけて、目の前の器や食事に感謝しながら向き合いながら食べる。

これも少し時間を短縮して30分~1時間かけて食べた記憶があります。(数年前の事でよく覚えていません・・・)

目の前にだされた、量の少ない最精進料理にそんな時間をかけて食べると聞いたときは、正直面倒だと思いました(笑)

しかし、いざ食べると、とても美味しい。

目の前の料理に向き合うだけで、こんなにも精進料理が美味しく感じることに驚きました。

そして、量も少なかった精進料理ですが、食べ終わった後、満足感と満腹感に満たされていることに気づきました。

僕はいわば、マインドフルネスの元となったものを、先に体験したのでした!

どこかマインドフルネスダイエットに繋がるものもありますよね!

それが出会いです。

カテゴリー
マインドフルダイエット

ダイエット中は風邪をひきやすいからこそ、マインドフルネス!

ダイエット中は、風邪をひきやすいです。

ダイエット中の人は、食事制限をすることが多いため、免疫力が落ちるからです。

無理な食事制限をすると、風邪をひきやすくなります。

必要な栄養素をとれなくなった結果、とても風邪をひきやすい体になってしまいます。

僕も、過去2回、今回入れて3回と、ダイエットによる過度な食事制限が原因による免疫力低下の風邪をひきました。

免疫力を下げないためにも過度な食事制限を避ける

どうしても、ダイエット中は過度な食事制限に頼ってしまうことがあります。

とくに運動が嫌いな僕みたいなタイプは・・・(笑)

なので、絶対に食べない食事制限はしないようにしましょう。

特に今年は世界中で混乱が広がっていますし、オススメ出来ません。

マインドフルネスは、免疫力を上げる

マインドフルネスは、ドカ食いの衝動を抑えると同時に、免疫力が上がります。

免疫力を高め、脳に好ましい変化をもたらす:実験協力者に8週間にわたってマインドフルネス瞑想を指導し、その前後に脳の活動を測定した研究があります(専門誌『Psychosomatic Medicine』)。
これまでにわかっているマインドフルネス瞑想の脳への効能が、すべてもたらされる:集中力や創造性の向上、不安やうつ病の軽減、人を思いやる心の向上など…。ここに挙げたのはほんの一例です。

出典:https://www.lifehacker.jp/2016/12/161231_mindfulness.html

実に色々な効果が期待できるマインドフルネスですが、一回やって身につくものでありませんが、免疫力を上げます。

続けていくうちに、免疫力も上がってきますし、食欲を我慢するための根性も必要なくなります!!

 

カテゴリー
マインドフルダイエット

レーズンエクササイズ

時間があるときは、レーズンエクササイズを今もしています。

本来は、ダイエットが目的ではありませんが、効果の一部として、食欲の暴発を防ぐ効果があることが分かっています。

それが結果として、ダイエットに結び付くということです。

ドカ食いを防いでくれている

食べたいなーと欲求が強くなる日は、他のマインドフルネスと一緒になるべくするようにしています。

ただ、ドカ食いする日は、マインドフルネスそのものが面倒だったり、頭から離れていることもあります。

しかしコツコツと続けるうちに、確実に精度も上がってきます。

サボり気味だからです!

お前効果ないじゃん!と言われそうです(笑)

お気づきの人もいるでしょうけど、僕はただいまやる気スイッチが入っていません。

それも、もう半年くらい経ちますか。

原因は風邪・・・でした。

だから、レーズンエクササイズの効果がないのではなくて、僕が全然してないだけなんです!!

間違いなく、効果があるので、お試しください!

さて、レーズンエクササイズですが、別にレーズンではなくてもいいのです。

梅干しや、粒チョコでもする人もいますね。

ですが、手ごろなサイズなら、何でも構いません。

医療としてのマインドフルネスが誕生したのは40年ほど前だそうです。

普及したのが、わりと近年というだけで、マインドフルネス自体は昔からあったんですね~

でも瞑想自体、3000年前からあるので、そう考えるとマインドフルネスの歴史としては浅いです。

カテゴリー
ダイエット

食べても痩せる?マイナスカロリーとは・・・!?

マイナスカロリーとは、ウィキペディアによるとこうなっています。

マイナスカロリー食品(Negative-Calorie food)は、消化に食品のエネルギー(カロリー)よりも多くのカロリーが必要と考えられている食品。

(出典:Wikipedia)

つまり、食品のカロリーよりも、食べることによ消化される消費カロリーの方が、高いことです。

そんな夢のような食べ物があったら、食べるだけで痩せることになりますね!!

ただし、最初にお伝えしますが、科学的根拠はないそうです(笑)

マイナスカロリーと言われている食品

マイナスカロリーと言われている商品を上げていきます。

・キュウリ

・レタス

・キャベツ

・トマト

・セロリ

・わかめ

びっくりですが、果物もマイナスカロリー食品な物があります。

・リンゴ

・グレープフルーツ

・パインアップル

等々、上げたらきりがありません。

ネットで調べても、サイトごとに書いてある食材が違います。

それほど、人間は消化にカロリーを使うと言うことですね。

しかし、最初に述べた通り、ゼロカロリーは神話的な部分があります。

今までのダイエットに共通する

今までテレビなどで色々な、食べる◯◯ダイエットが出てきては消えましたが、その多くがマイナスカロリーの食材にあるということに気づきました。

トマト、キャベツ、わかめ、リンゴ、グレープフルーツ。

今まで流行ったダイエットと同じ食材がチラホラありますね~。

実はゼロカロリーという言葉を最近まで知らなかったのですが、昔からある考えらしいです。

食べて痩せたいのでしょう。

それほど、ダイエットにおける空腹が辛いということですね。

カテゴリー
マインドフルダイエット

マインドフルネス、効果をまとめてみた。

こんにちは佐東拓弥です。

マインドフルネスは色々な効果があります。

Googleが取り入れていることで一気に有名になり、今はビジネス化もしているので、色々な効果が研究により分かってきています。

ですがマインドフルネスは色々な効果を謳うので、何の効果があるのか、いまいち分からりずらいですよね?

そこで、瞑想をすることにより効果があると言われているものについて、まとめてみました。

マインドフルネスの効果

・ストレス解消

・ストレスが感じにくくなる

・不安解消

・イライラ解消

・気持ちの安定

・幸福感UP

・自律神経を整える

・集中力UP

・記憶力UP

・不眠症改善

・免疫力UP

・老化の抑制

・睡眠の質向上

・肌の質があがる

・暴飲暴食を抑える

瞑想は様々な効果がありますね。

それが結果的に、仕事の効率が上がったり、体重が減り、ダイエットに繋がったりします。

アメリカでは、治療にも使われていますし、これからも色々発展していく分野です。

しかし、マインドフルネスの市場がでかくなり過ぎたことにより、中には良くわからないやり方や、効果を謳っているのもあります。

僕が初めてマインドフルネスを知ったのは、会社の講習会でした。

マインドフルネスの事を、聞いたこともない、何も知らないまま、受けたのを覚えています。

そこで、レーズンエクササイズや、マインドフルネスを食事に取り入れる方法の基礎を学びました。

そこから本を読み、このブログを始めてからマインドフルネス関連のセミナーや講習会に行きました。

 

カテゴリー
ダイエット定期報告

次のダイエットに悩んでいる間に食べてしまいます・・・

ローフードダイエットが失敗に終わりました。

次のダイエットに悩んでいるのですが、全く思いつきません。

その間にドカドカ食べてしまいます。

正直にいえば、ダイエットめんどい

今も毎日の食事と、体重は記録し、毎晩上司に提出しています。

しかし、気を付けていることといえば、夜中にご飯を食べないように心がけているだけ。

心がけているだけなので、食べてしまうこともあります。

食べる内容といえば、普通にカロリーを気にしていません。

でも、限界まで食べることは無くなったかなと思います。

とはいえ、マインドフルネスに則って罪悪感を持たないようにしています。

ですが、ダイエットの糸は完璧切れています、色々なダイエットをしてきましたが、上手くいかないからか・・・

それとも、切れたから上手くいかないのか。

明日こそはと思いながら、、

ここ最近毎日思うのは、明日こそは・・・

だから今日が最後の晩餐!と思いながら、毎日毎日最後と思いながら食べてしまっていました。

昨日ですね、やっと最後の晩餐を終えたのは(笑)

初日、辛かったです。

 

何も考えていないと、いや、何か考えていても頭かから離れなかったのが、空腹、何か食べたいという欲求です。

消えることはありませんでした。

それは、家に食べるものがなかったので、夜中なのにコンビニまで行こうかというほどの衝動でした。

サボりにサボりまくっていた、マインドフルネスを久々にしてみましたが、マインドフルネスを応用したダイエットのデメリットは、最初は効果を感じにくいことですね~。

ただし、無理なく続けられ、続けるうちに我慢などしなくてもよくなるのが、メリットでもあります。

カテゴリー
ダイエット ダイエット定期報告

僕には無理だった、ローフードダイエット

こんにちは、佐東拓弥です。

最近始めたダイエットがローフードダイエットです。

会社の人は誰も知りませんでした、テイラースウィフトが実践していたダイエットで有名なダイエットです。

ということで、会社では僕が広めたことによりテイラーダイエットと呼ばれています。

だから「痩せたらテイラーになるかもね」なんて笑われたりします(笑)

ローフードダイエットとは

ローフードダイエットとは、46度以上の熱を加えないようにして食材を食べるダイエットです。

熱を加えずに食べることで、酵素を壊すことのなく摂取することが出来ます。

基本は、野菜、果物を食べます。

ドライフルーツ、生ナッツもOK。

たまご、肉、魚は食べることは出来ません。

しかし中には生卵、生魚は食べてもよしとする方法もあります。

僕の場合は、純粋な野菜、果物を食べるローフードダイエットに挑戦しました。

男には辛い、ローフードダイエット

最初は、糖質を制限しなくてもいいし、楽だと思っていました!

ですがふたを開ければ、毎日料理を作る料理男子ならともかく、僕には無理でした・・・

ローフード料理というよりは、そのまま生野菜や果物を食べていました。

スムージーという手もありましたが、ちょっと前まで置き換えドリンクダイエットをしていたので、今回はしませんでした。

スムージーにする機械もありませんでしたし。

ですが、僕がローフードメニューなんて作れるわけでもなく、また、作ろうと思うわけもなく。

結局は丸かじりになってしまいました。

ですが、丸かじりって、しんどいです。

ドレッシングに、マヨネーズを使いました、さすがに何もなしは辛かったので。

なので、キュウリとかレタスなどは割と食べれました。

ですがトマトが、一番つらかった・・・。

個人的に、トマトにドレッシングは合わないと思っているのですが、別に嫌いではありませんが、生で丸かじりは1個で限界を悟りました。

ローフードメニューを作れる人にはお勧めです。

カテゴリー
ダイエット

てんかん患者の初プールの感想

ダイエットでプールを取り入れた僕ですが、実は初めてのプールだったりします。

僕は小さい頃からの癲癇持ちなので、プールや海に全く縁のない人生を送ってきました。

プールの時間は、足に水を付けるくらいで、毎回見学をしていました。

風呂以外に水に浸かったことがありません。

もっぱらシャワーで湯舟にもあまり浸かったことがないですが。

31歳の初プール

運動においては、プールが良いと言うことは周知の事実ですが、初めから選択外でした。

しかし、ダイエットの運動にマンネリを感じ始めたのと、いくら痩せても継続しても一向に体力がつく気配がなかったから、プールを検討し始めました。

事情を話したら医者と、プール側の承諾を得たので、いざ初プールに。

これまで水に潜ったこともなかった人間でしたので、最初は水中ウォーキングから始めました。

いつまでも歩けるし、体の負担は軽く、腰も痛くありませんでした。

ですが、プールを始めて1ヶ月ほどで、隣のレーンで泳いでいた人を眺めていると、泳ぎたくなってきました。

最初はビート板で足をバタバタしてました、しかしいつまでも耳に水が入る感覚も嫌で、潜ることも出来ずにいたので、中々ビート板なしで泳ぐ勇気が出なかったのです。

でも、一度だけ何かの教室が開催されていて、ビート板が借りれなかったことがあり、そこから潜れるようになり、ビート板なしでも泳げるようになりました。

プール運動を始めてから、一ヶ月単位でみると、体重の変化は全然違いましたね~。