カテゴリー
ダイエット

ながら食事を抜け出すための呼吸フォーカス法

ながら食べを長年続けて、太った佐藤拓也です!

ながら食べは太りやすいやすいんですよね。

そしてながら食べは習慣になってしまいます。

そもそも「ながら食べ」とは

ながら食べとは、その名のとおり、何かしながら、何か見ながら食事をすることです。

スマホの操作をしながら、テレビを見ながら、現代人の「ながら食べ」はこれらの理由が圧倒的に多いです。

でもながら食べは、太りやすいです。

ながら食べをしない人に比べ、ながら食べをしてしまう人は食べ過ぎてしまいます。

食事に集中できず、早食い、食べ過ぎの原因になっているんですね。

自分の適量が分からなくなり、満腹を感じにくくしてしまいます。

これ、僕もやりがちなんです。

左手にスマホ、目と耳はPCのYouTubeにくぎ付け、そして右手に箸。

食事の時間は早食いになりがちで、あっという間に終わりますし、ついつい色々なものにまで手が伸びてしまいます。

ながら食べを阻止するための呼吸法

だからといって、今すぐに止めることは出来ないです。

長年の習慣化、脳がそのように変わっています。

「よし気を付けよう」と思っても、数日後にはすっかり忘れていることでしょう。

ダイエット、体重管理に困っている人は思い当たる節がありますよね。

思っている以上に、ながら食べを抜け出すのは簡単じゃありません!

そこで役に立つのが、呼吸フォーカス法

今から実践する呼吸フォーカス法は、ながら食べ・自動モードで食事をすることを防止します。

いつぞやの記事でも書いたのですが、これまた実践画像がなくて、分かりにくいと感じたので、写真に収めました。

まずは背もたれから少し外して背筋を伸ばし、椅子に座ります。

リラックスして座ってください。

この写真では、緊張しているのでリラックス出来ていない感じになっていますが、僕が恥ずかしいから気にしないでください!

サングラスしているので、分かりにくいですが目は閉じます。

画像と同じように、足は組まず手は太もも、準備はOKです。

 

体の感覚へ意識し、自分の呼吸へと意識します。

呼吸は鼻でします、深呼吸の必要はないです。

息が胸に入ってくる感覚、息をすることによるお腹の膨らみ具合、減り具合。

呼吸のスピードなどに注意を払います。

 

これを10分ほどやるわけですが、いきなり10分間続けることが出来るわけありません。

意識がそれることもあるわけです。

そうしたら意識がそれたことに気づき、また呼吸に意識を向けます。

 

これは、椅子があればできますし、ソファー、座布団でも手軽に出来るのでオススメです!

 

 

カテゴリー
ダイエット ダイエット定期報告

20㎏減量して、100キロ切った!!

とうとう100キロ切って0.1トンを脱出した佐藤拓也です!

いやー、とうとう100㎏切りました!

7月はダレてしまい半月ほど停滞していましたが、とうとうこの日が来たか!という感情でいっぱいです。

体の変化

二桁に行ったのは何年ぶりでしょうか!?

最後にダイエットをしたのが25歳くらいだったと思うので、実に6年ぶりくらいです。

でも別に体が軽くなったわけではないです。

まだ誰からも「痩せた?」とは言われませんし、自分でもまだ実感できていません。

僕個人としては、体重が120㎏だった時と何ら体に変化が感じられませんねぇ~

鏡をみても、あんまり変わってないような気がします。

よくよく考えると、まだ99㎏もありますからね。

知らない人から見たら、ダイエット中ではなく、バクバク食べて太ってる中だと思いなさるでしょう(笑)

しかし、ともはあれ、目標は達成しました!!

7月中に100㎏を切りたかったので、7月に立てた目標は達成したことになります。

そして、ダイエットを始めるときに立てた小さなゴールである100㎏を切ること!

これもついでに達成したことになります!!

小さなゴールを決めることで、それを達成することによりモチベーションの回復を図ることが出来ます!

100キロ切り、僕の今のモチベーションは80%くらいです!

更に高みへ

大きなゴールは、僕の身長の平均体重である60㎏になることです。

そして、次の小さな目標はもう決まっています!

90㎏になること!

この90キロという数字は、前回のダイエットで落とした最高記録です。

今回は前の自分を超えたいです。

流石に体の変化が自分でも分かるのではないでしょうか。

さよなら3桁、こんにちは2桁。

僕は更なる高みに行きたいと思います!

100㎏切ったら、体の写真を撮る写真を載せると書いたので、近々半裸の写真を撮らねば。

120㎏の時との画像を見くらべたら変化を感じられるかもしれませんね。

 

 

カテゴリー
ダイエット

気持ちの停滞期中の気持ち

どうにか、ドカ食いdaysと、気持ちの停滞期という言葉を流行らせたい佐藤拓也です。

弱音を吐くようですが、気持ちの停滞期中は何をするにも億劫になっていました。

体重は、そこまで増えもしないけど、全く減らないし、勢いに任せて食べてしまうし、吐いてしまうし。

それで自分自身をせめて、また同じことを繰り返しました。

この時の心情

ダイエットのブログをしているのに、これを避けるべくマインドフルダイエットに目を付けたのに、陥ってしまって自己嫌悪。

もう僕には無理なんじゃないだろうかと思いました。

挫折する一歩手前でしたね。

何かあればコンビニに行っていました。

 

ただ単に会社の目があるから踏ん張る事ができましたが、会社ごと辞める選択肢もありました。

けっこう心身ともに追い詰められていました。

どうでもよくなり、欲求に身をませ、食べます。

その後にどうしようもない罪悪感に襲われ、トイレに。

そして吐くと、その日一日気持ち悪くなり、体が重たくなります。

これをループしていました。

食事するお金もタダではありません。

いうなれば、トイレに行くたびに2000円ほどトイレに流していたことになります(笑)

もったいないですね、半月だけで1万円ほどトイレに流した計算になります。

こうなった理由

きっかけは、月1回の何でも食べていい日でした。

次の日も、元に戻れなかったのです。

でも根本的な原因は、他にあります。

自分の現状と、周りとの差があまりに違いすぎて、劣等感から抑えることが出来なくなりました。

でも、本来このような他に原因がある場合は、ドカ食いで満たされるものではありません。

一時的に効果はありますが、すぐに元に戻ります。

だから繰り返していまいます。

そして、殆どの人は他に原因があるとは思っていないのです。

カテゴリー
ダイエット

根性なしによる、根性なしの為のダイエット!

中々100㎏を切るのに苦戦している佐藤拓也です!

太っているせいで、何をするにも昔から勇気が出ません。

本当はやりたいこと沢山あるんです!

でも一歩が出ません。

この劣等感を人に相談したこともありますが「痩せろ」としか返ってきません。

そうなりますよね(笑)

でも、それは考えることを放棄した返答だと僕は思っています。

「痩せろ」と口にするのは簡単です。

もうこの返答は、根性なしと言われているようなものです。

根性で痩せろと言わんばかりの答えだと思います。

でも出来ないから、僕たちダイエッターは苦しんでいます!!

僕たちは根性でダイエットは無理という事を認めよう

根性論では痩せなかった、ということは僕たちは根性論ではダイエットを成功失敗してしまう証でもあります!

そして根性論では痩せられないということを、認める。

認めることも立派なマインドフルダイエットです。

けして自分に根性が足りないから、ということではありません。

根性ではどうにもならないのです。

日本人は何かと根性論の考えが根深いですが、根性論ではどうにもならない壁というのを、身をもって証明したいです!!

いいえ、証明したからこそ、120㎏まで太ってしまいました。

今日をもちまして、根性なしのための根性なしによる、根性なしダイエットのコーチになることにしました!!

ダイエットコーチの内容は、後日考えます(笑)

目指すは根性のいらないダイエット。

根性論になんか負けない、立派なダイエットコーチになりたいです!!

 

カテゴリー
ダイエット マインドフルダイエット

実践!レーズン・エクササイズ

実践した画像を載せてみました、佐藤拓也です。

レーズンエクササイズの為に、レーズンを新しく買ってきたのでついでに実践しようと思い、レーズンエクササイズ中の写真を撮りました。

ついでに写真にも納めてまいりました、文字だけだと分かりにくいと前から思っていたので、丁度良かったです。

これからも、実践画像を載せていきます(笑)

レーズン・エクササイズ

 

このレーズンエクササイズは【マインドフルダイエット!どう食べるか】でご紹介したトレーニングです。

用意する物はレーズン一粒だけです、一袋買えば毎日できます(笑)

まずはレーズンを一粒、手の平に乗せます。

よく観察して、手でレーズンの感覚に注意を向けてください。

レーズンの色や、シワなどの形、レーズンから感じる重さ。

よく注意を向けてください。

僕が初めて挑戦したときは、コロコロ転がすとねちゃねちゃしている感触に気づきました。

そして、手の平で転がすだけで、柔らかさが伝わってきました。

 

でも初めてこれを実践したとき、家族に怒られました(笑)

母から「貴様!31にもなって、食べ物で遊ぶな!」と言われました。

僕の母親は、怒りがピークになると、僕のことを「貴様」と呼びます(笑)

たしかに他人からしたら、食べ物で遊んでいるように見えます。

よく観察したら、続いて指でつまんでみた弾力、音、レーズンの匂いにも注意を向けます。

つまむとどんな音がするか、匂いを嗅ぐと、どんな香りがするか。

五感で感じましょう。

僕はこのとき、何の匂いもしませんでしたし、音は聞こえませんでした。

今日は着ぐるみ来て、マスクしているからですね~(笑)

 

そして口にレーズンを入れた舌触り、噛んだ感触、そしてどうやってレーズンが作られて、今ここにあるのかも考えてみます。

そして飲み込み、のどを通る感覚や、レーズンの分だけ重くなった感覚に注意を向ける。

このトレーニングをすることにより、ドカ食いを防止する効果もあります。

そしてリバウンドを防ぎやすくする、体重の維持にも効果があります。

たしかに、僕はドカ食いする頻度は少なくなりました。

それまでは、苦しくなるまで食べていたのですが、それも減りましたね。

しかし毛の処理の手入れするの忘れてましたね・・・

写真を撮ってから気になる部分が出てきます。

写真を撮り直したいのは山々なんですが、着ぐるみの中は暑くて地獄大使なので、やめときます。

カテゴリー
ダイエット マインドフルダイエット

ダイエット中の、気持ちの停滞期の抜け出し方

最近のブログで散々書いてきた、気持ちの停滞期。

ダイエット中の身に起きた、予期せぬ障害。

内側ではなく、外側からくることもある、なおかつ避けることが難しいものです。

僕は、気持ちの停滞期に入ったとき、抜け出すきっかけになったのも、外部から刺激を受けたことでした。

そして、今回のことで新しく学んだことがあります。

待っているだけでは、抜け出せない

外部からのものは、自分でコントロールできない領域です。

ある日勝手にやってきます。

聞きたくなかった情報とか、知りたくない話題だったり、耳に入ってきた、ついつい聞いてしまった事はないでしょうか。

それで落ち込んでしまうことは誰でも経験がありますよね。

これは生きていたら、外部からのノイズは必ず入ってきます。

こうなってしまったら、放っておいても勝手に去ってくれるものではないという事です。

僕の場合は、外部からのノイズで落ち込みました。

しかし矛盾するようですが、抜け出すことが出来たのも、外部からの刺激でした。

友達が結婚するという情報を聞いて、周りに置いて行かれる、このままじゃダメだという気持ちで、切り替えることが出来ました。

でもこれは運よく、訪れただけで、運に任せていたら、いつまで経っても抜け出すチャンスが来ない可能性の方が高いです。

こう都合よく、やる気を出してくれるチャンスが訪れるものではありません。

抜け出す方法

人と比べないのが一番!

「そんなこと分かっとるわい!」という感じですよね(笑)

僕も比べたくもないのに、人と比べていました。

人と比べるときって、赤の他人ではなく、自分の知り合い、知っている人と比べてしまいます。

そのため、知っている人なので、比べた対象と身近に感じてしまい結果が嫉妬の感情、劣等感の感情が生まれます。

そんな思考から抜け出し、さっさとダイエットモードに戻る方法が、マインドフルダイエットです!

脳を変えて、太らない脳にします、一日や二日で身につくわけではありませんが、身につければ一生続けられるダイエット方法です。

効果を実感しました

他人と比べて、心の停滞期に入ってしまった僕。

でも抜け出した切っ掛けも、他人と比べたことでした。

比べた対象は違えど、どちらも劣等感、嫉妬からくるものです。

普通なら、更に落ち込みそうなものですが、逆に抜け出すきっかけになりました。

同じ感情なのに、どうして違うのか。

マインドフルネスの効果です、心がざわついてしまったとき、実践しました。

最初はうっかり忘れていたので結果的にノイズに悩まされましたが、その期間、気持ちが戻るまで毎日呼吸フォーカスをしていました。

すると、スッキリとします、他人と比べても負の感情が出てこなくなり、そして他人と比べないようになります。

最初の効果を感じるまでには一ヶ月から2ヶ月くらいです。

そのかわり我慢・根性が必要なく、なおかつリバウンドをしにくい一生涯続けることが出来るダイエット方法です。

 

カテゴリー
ダイエット 病気エピソード

ダイエット中に起きる「気持ちの停滞期」とは

ダイエットにおいて「気持ちの停滞期」という言葉を知っていますか?

聞いたことがない人がほとんどだと思います、何故ならたった今、僕が思いつきで作った言葉だからです(笑)

我ながら、中々良いネーミングセンスをしていると感心している佐藤拓也です!

気持ちの停滞期とは

そもそも「気持ちの停滞期」とは何なのか。

ダイエットにおいて「停滞期」というのは認知されていますよね。

ダイエットをしていると体重が減らなくなる時期が来ます。

世間一般ではそれを「停滞期」といいます。

これはダイエットが順調という証でもありますね。

しかし、気持ちの停滞期は全く逆。

体重ではなく、気持ちがすり減ります。

ダイエット以外から来るストレスが原因になります。

外からのノイズがストレスになり、ダイエットにまで影響してくることを指します。

本来の意味で、停滞期に突入して体重が減らなくて挫折する人は多いですが、気持ちの停滞期とは少し違います。

気持ちの停滞期は、ダイエット以外のノイズが影響でストレスが溜まり、ダイエットにまで気持ちが回らなくなり挫折してしまいます。

とても厄介

厄介なのは、外からのストレスは防ぎようがないということです。

体重が減らなくなる方の停滞期は、待っていればまた体重が減り始めてくれます。

ですが、気持ちの停滞期は待っていれば治るものではありません。

とても厄介。

僕も今回、この気持ちの停滞期に入りました。

理由はやっぱりダイエット外の問題から来ていることに気づきました。

でも中々その理由はモヤモヤしていて、気づきにくいものなんです。

僕の場合は、焦りでした。

・少しでも早く痩せなければならない。

・少しでも多く稼がなければならない。

もっと掘り下げると、痩せることで、てんかん発作時の安全性を高めることが出来るのと、自分に自信がつきそうだからです。

ダイエットが成功することによって、今よりも収入が多くなると思っています。

なぜ、焦るのか、時間がないからです。

31歳という年齢で、同級生との差を感じるようになりました。

収入面でも、生活面でも、果てしない差を感じています。

そして、将来の不安。

てんかんの発作は今もあります、今は周りに父と母に助けてもらっていますが、いつかは居なくなります。

ずっと今の環境が続くわけではありません。

僕だって、小学生の頃は今の30歳の自分なんか想像も出来ませんでした。

その聞きたくもないのに、同級生の現状が耳に入ってきてしまい、知らず知らずのうちに自分と比較して焦っていました。

「自分は自分、他人は他人」分かっていても難しいですよね。

 

カテゴリー
ダイエット定期報告

ドカ食いdaysを乗り越えた現在の体重

約10日間、ドカ食いdaysに入っていた佐藤拓也です!

このところ、体重の結果発表していませんでしたよね。

体重は少し増えました。

でも10日間もがき苦しみ、食べてた割には、あまり体重が増えなかったです。

現在の体重と、ドカ食いdays中の最高体重

 

現在の体重は、100.8㎏!!

ダイエットの記録を付けだして123日目にして、最高記録の結果を出すことが出来ました!!

ダイエット時の最高体重から、21.6㎏痩せることに成功しました!

そして夢の100㎏を切るまで、あと0.8㎏。

ダイエットの糸が切れてから10日目、今は届かない数字ではありません(泣)

0.1トンになってから15年以上、15年ぶりの99キロ、楽しみです。

でも、なんで10日間もドカ食いしていて、あまり太らなかったのか、悪い理由があります。

何度か吐いていた

そうなんです、自分に優しくなれず何度かトイレに駆け込みました。

割合的には2~3日に1回くらいです。

時には連チャンだった日もあります、苦しかったですね。

けして何か分からない理由ではなく、ちゃんとした理由がありました。

絶対に体にはよくないです、おかげでその後に何度動けなくなったか。

そんなことをしていれば、体重の増加も少なくなるのは当たり前ですよね。

ドカ食いdays中は、ずっと103㎏台をさまよっていました。

毎日上司に報告するという、このダイエットは失敗できない義務感みたいなものがありました。

それに100㎏になっても、体に目に見えての変化はない。

誰も20キロも痩せたと気づいてもらえない。

1人で抱え込んでいた。

それが今回のことを招いたと思います。

自分に優しく、追い込まない、これがマインドフルダイエットの秘訣です。

ここ数日は暗い記事が多かったので、そろそろ次は楽しい記事を書いていきたいです!

カテゴリー
ダイエット

食欲も、ダイエットモードに戻り始めています!

体の停滞期ではなく、気持ちの停滞期に入っていた佐藤拓也です!

体と心がついていかなかった、気持ちの停滞期。

ダイエットというのは、身体ではなく、心にもあります。

僕の経験上、体重が減らない停滞期よりも、心の停滞期の方が中々抜け出せません。

そんな僕も、やっと抜け出すことが出来ました。

今は食欲も気持ちも、だんだんダイエットモードに戻ったのを実感しています。

ブログを書くのも辛かった停滞期

気持ちの停滞期中は、ブログの更新も嫌でした。

嫌々書いていました、上司に見られるから書いていただけで、本音は怠いの一言。

ブログから「書いていて楽しくないのが分かる」とまで言われましたね(笑)

伝わるものですね。

でも本当に楽しくないを通り越して、更新するのが辛かったです。

マインドフルダイエットのおかげで、この気持ちの停滞期は、カロリー不足から来ているものではない。

それは分かっていましたが、いかんせん頭が追い付いていかない。

ついつい、コンビニに寄ったら、余計な何かを買ってしまいますし、よりによって寝るちょっと前に食う。

この半月で、何度吐いたでしょうか。

毎日上司に、体重報告のラインを送っています。

これは僕にとって「送ったら何も食べない」という自分との約束で、意思表示でもありました。

今まで、どんなに停滞期が来ても、これを破ったことはありません。

ですが、今回の心の停滞期で、ダイエットを始めて、初めて破りました。

明日は、この破った時の心情を書こうと思っています。

カテゴリー
ダイエット 病気エピソード

やっとダイエットの糸が、元に戻りました!

ダイエットの気持ちが切れていた佐藤拓也です!

でも、やっと気持ちが戻りつつあります。

今回は気持ちが戻るのに時間がかかりました、長かったですね~

顔出ししたのが、自分に効いたのかな(笑)

本当は違う理由です

ダイエットの気持ちが復活したのは、本当は違う理由です。

幼馴染(男)が結婚するそうです。

中学生まで仲が良かったのですが、その後疎遠に。

何処の高校に行ったのか、今何をしているのか、電話番号も知りません。

最後に会ったのは15年くらい前で、それから全くの接点なし。

でも、それまでは仲が良い友情以外にもお互いに、言葉や態度には示さないものの、競い合いドロドロした感情がありました。

こいつには、とにかく負けたくない。

負けたら嫉妬してしまう。

小さいころから一緒に遊んでるからこそ、そういう関係になってしまうことってありませんか?

 

お互いそれをなんとなく感じて、離れたのではないかと思います。

今になって、その話を耳にしてからモヤモヤしていましたが、曖昧なモヤモヤ感だったんです。

このモヤモヤを、マインドフルネスでたどってみました。

15年経っても、嫉妬している自分に気づきました!

マインドフルネスに従い、嫉妬している自分を許しました。

 

マインドフルダイエットを始めてなかったら、この原因を見向きもせず、認めたくないから考えもしなかったと思います。

でもマインドフルダイエットを始めて、本当は何なのか、やっと見えてきた気がしました。

やっと効果を実感しています。

そうして、またダイエットに対する気持ちが元に戻りました(笑)