マインドフルネス・自分に優しくなる方法、痩せるために必要です。

どうも、佐藤拓也です!

自分に優しくなるのは難しいです。

でも自分に優しくないと、食べ過ぎてしまいます。

自分に厳しいと、達成できないとストレスから食べ過ぎてしまいます。

その後に言われるのが「忍耐力がない」です。

それを言われると、人間心が折れます。

自分に優しくなる

ここでは次に自分に優しくなれる方法をご紹介します。

・ゴールをなくす。

ゴールは大事です、僕の目標もしっかりあります。

でもまだ45㎏も先の話で、気が遠くなり挫けそうになります。

一度ゴール設定をなくすと、すっきりします。

・完璧主義をやめる

こうあるべき!をやめます。

いつもベストコンディションじゃない自分を許します。

よくマインドフルネスの世界で言われているのが「まぁ、いいか」と口にだして言う。

というのがあります、これは本当に効くので試してみてください。

 

・ありがとうと素直に

褒められたら素直に受け取りましょう。

「いやいや自分なんて」と言ってはいけません、素直に感謝します。

このとき、受け取った言葉を過小評価も過大評価もしないよう、言われたままの評価を受け取ります。

 

・自分に株式会社ご褒美を

そのままです、自分に何かご褒美を上げてください。

・価値観に縛られない

つまり、常識という名の価値観に縛られない。ということです。

日本人はこの常識が根強いです。

まったくもって謙虚は美徳ではありません。

実はマインドフルネス的にも、これはマイナスなんです。

 

・今の自分を受け入れる!

そのままの意味ですね、今の自分を受け入れてください。

 

ダイエットを成功させるためにも、自分に優しくなることが必要です。

自分を無理に達成できないほど厳しくしても、逆効果なので自分に優しく責めないようにしましょう。