就職できたのは親戚の会社のみ。

どうも、佐藤拓也です!

僕が会社員として働けているのは、親戚が会社経営をしていたからです!

ITの専門学校を卒業していますが、最初は自力で就職するつもりでした。

落ちた面接

僕は未だに発作がありますし「隠しきることはできない」と思ったので正直に告白しました。

10社ほど書類選考に受かり面接しましたが、全部の会社にてんかんだという事を報告しました。

結果は0勝!中には告白したら空気が変わる会社もありました。

他人と比べて特別多く面接したわけではありませんが、落ちたのは、てんかんも原因の1つだったのでしょう。

小学校の頃を思い出しましたよね、担任に舌打ちされた後に言われた一言とダブりました。

それである日、父から「倒産の親戚の会社で働いてはどうか?」という話が来ました。

後から知ったのですが、心配した父と母が掛け合ってくれたみたいです。

僕とは直接面識のない親戚でしたが、快くOKをもらいました。

IT専門卒で、会社の仕事と僕の能力がマッチしたというのもありました。

理解ある会社

最初からてんかんと知っていただいてからの入社なので、今も楽しく仕事をしています。

数人の社員しかいないのと、社長の親戚だからといって変な気も使われないので、ありがたいです。

ですが、てんかんの人の就職がいかに大変かというのが身をもって体験しました。

伝があって就職できましたが、面接も受けられず、仕事が出来ずに苦しんでいる人もいるんですよね。

いつか根本的な治療法が出来たらいいのですが。