今までで一番の空腹を体験してみる。

どうも、佐藤拓也です!

前回のマインドフルダイエットの記事は「RAIN」というマインドフルネスの記事でした。

ですが、すぐ身に付くものでもないです。

それでちょっとした近道を。

今回は、今までで一番の空腹を体験します。

簡単にいえばプチ絶食ですね。

胃が空になる本当の空腹までです。

基本は同じ、意識して観察

これまでのトレーニングの多くに共通するのは、意識して観察することです。

水だけで、自分史上一番の空腹を体験します。

まずは体への感覚に意識を向けます。

我慢ではなく、まずは「食べたい衝動を認識」します。

そして食べたい欲求を「受け入れる」です。

前回、欲求に名前を付けました、それを受け入れます。

途中から耐える、我慢になってしまいがちですが、受け入れることが大切です。

食べたい欲求があることを確認します。

脳科学では、欲求を我慢するとドーパミンがでる回路がさらに刺激されてしまいます。

僕は過去2回、脳と戦うことを選んで散ってしまいました。

衝動は、永遠には続かない

ピークというものがあります、つまりそのあとは下がります。

目安としては、胃から音がしたら。

胃が空っぽになった証拠でもあります、これが本当の空腹です。

そして前回書いた、脳の「食べたい」を乗りこなす。の記事の(RAIN)を試してみてください。

この記事から読んだ人のために、以下の記事も参考になります。

あまり長くならないよう、心がけていますので、さっと読めるようになっています。

脳の「食べたい」を乗りこなす。

 

脳が強い欲求に流されないように、食べたい衝動に名前を付ける。

 

マインドフルダイエット、ボディスキャン。