脳が強い欲求に流されないように、食べたい衝動に名前を付ける。

どうも、佐藤拓也です!

もっと食べたいという気持ち、ダイエットをしている人なら皆さん感じることですよね。

僕ももっと食べたいと思うことが今もたまにあります。

欲求は減ってきた気はしていたんですが、何ヶ月も続けて分かってきたのは、欲求には波があることです。

 

食べたい欲求に名前を付ける

強い欲求のことを「クレイビング」といいますが、そのとき、脳の中の一部分が活性化しています。

そこで、今まで書いてきたマインドフルネスをすることにより、強い欲求を求める活性化していた脳が低下するというデータがあります。

そうすると、欲求に流されないような脳になっていきます。

そこで有効な手段の一つである「食べたい欲求に名前を付ける」ことです。

僕が付けた名前は・・・「犬!」

適当に付けました。

もしかしたら、途中で変えるかもしれません(笑)

名前をつけたら

これから先、強い欲求が表れたら、名前を付けた犬(欲求)が暴れ回っているなと考えてください。

このとき、やってしがいがち、というか殆どの人が思ってしまうことですが、欲求と自分は切り離してください。

欲求と自分を切り離して、客観的にみるようにしてください。

自分と同一視しないようにします。

呼吸フォーカス法やボディスキャンなどと一緒にしてみてください。

客観的にみることが、第一歩です。

マインドフルダイエット、ボディスキャン。

 

マインドフルネスの基本、呼吸フォーカス法

 

最近のダイエット

最近はダイエットも順調で、105.2㎏になりました!

順調です、でも今月の目標は100㎏切ることでしたが、ちょっと無理そうです(笑)

ですけど、いつまで経っても僕の体内年齢が下がりませんね。

それにくらべ基礎代謝は下がっていく一方。

どうやったら体内年齢はさがるのでしょうか!?