マインドフルネスの基本、呼吸フォーカス法

どうも、佐藤拓也です!

前回ご紹介した、ボディスキャン。

時間が取れなかったり、疲れでできなかったりする日もあると思います。

呼吸フォーカス法とは、どんなときにも手軽にできる、基礎トレーニング法です。

ボディスキャンの時間がないというときに便利な方法です。

呼吸フォーカス

呼吸フォーカスは、マインドフルネスの基本になります。

 

(1)背もたれから少し背中を話して椅子に座ります。

このとき、リラックスして背筋を伸ばして、目を閉じ、足は床につけて手のひらは太ももに置きます。

椅子ではなくても、ソファーや座布団でも大丈夫です。

 

(2)体の感覚に意識を向ける。

手のひらが太ももと接触している感覚、足が床に置いてある感覚に意識を向けます。

 

(3)自分の呼吸へと意識を向ける。

呼吸はでします、深呼吸する必要はありません。

空気が鼻から、胸、お腹に入っていく感覚と共に、胸や腹はどう動いているか、呼吸のスピードはどうか意識を向けます。

 

意識がそれても、また呼吸に意識を傾ける。

これを10分続けるのですが、10分も続けていれば色々な雑念が入ってきます。

それに気づいたら、またそっと呼吸に意識を傾けてあげればいいです。

呼吸フォーカスは、注意力をマインドフルネスの基本。

このブログで食事をオートモードで食べていることに触れましたが、呼吸は自動モードの典型例。

呼吸ができれば、どこでもマインドフルネスができます。

何か心を揺さぶることがあっても、流されることもなくなります。