てんかん発作は今もあります

どうも、佐藤拓也です。

僕には今もてんかん発作があります。

成長とともに良くはなりましたが、どうやらこれ以上は良くならないような気がします。

なので運転免許証の類は持っていません。

都会な方に住んでいるので、車がなくてもそこまで困らないですね。

友達も車を持っている人が少ないので劣等感も特にありません。

地方は違う

でも地方は違うみたいですね。

車がないと買い物もまともにできない、厳しい現実があるそうです。

今は、一定の条件を満たせばてんかんの人でも車の運転はできるみたいですが、昔はそうもいかなかったらしいです。

僕が小学生の頃に、母と行ったてんかんのイベント会で出会った人がそう言っていました。

小学生の頃に、てんかん患者の生きづらさを生で感じた瞬間でした。

運転免許がないことへの劣等感は相当なものだったと皆さんの前で演説していました。

母に連れられて、その人と話しました。

20年以上も前のことだし、僕はよく覚えていません。

でも母は色々な質問をしては、その人に聞いていました。

てんかん患者が将来どのような生き方をするのか、気になったんだと思います。

そういえば小さい頃の僕の両親は、将来自分で生きていく力をつけるために、色々な会合に連れていかれた気がします。

思春期にはそれが嫌で、喧嘩したこともいっぱいありました。

僕も若かったんです、そういうお年頃でした。

でも、仕事を始めるようになってから僕の意識も変わり、あんまり口うるさくなくなりました。

少しは自分で生きていけるということを認めてくれたのかもしれませんね。