一時の恥か、一生の恥か。

どうも109㎏台をどうにかキープしている佐藤拓也です!

ジムってどんなところだろうか。

前にも書いた通り、僕はとても人前に出るのが恥ずかしい。

太っているから出会う人出会う人に、何か思われているような気がしてなりません。

120㎏の人間なんか他所に誰もいない人がほとんどだと思います。

だからジムは気にはなるけど、行けずじまい。

ジムに行く方に心が傾いている

 

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

ことわざです。

ちょっと意味は違うけど、この場合の僕のダイエットの為に、ジムに行くかどうか迷っているのも似たようなものです。

自分のように、恥ずかしくてジムに行けない人は多いみたいです。

ジムに行くは一時の恥、行かぬは一生の恥。

しかし、ジムってどういうところなのか、調べてみようと思います。

服とか他にも色々そろえなければいけないものもありそうだし、月額料金がいくらなのかも調べなくては。

大勢がいるトレーニングジムって、そもそも器具の使い方とか誰から教わればいいのか、教えてくれる人はいるのか。

僕には未知の領域です。

初めては知らないことだらけ

 

なんだってそうだけど、初めてのことは分からないことだらけです。

でもダイエットを成功させるキーポイントはここの羞恥心をどうとるか。

恥ずかしいと引きこもるままだと、一生このままな気がします。

今しているウォーキングもそうで、誰かに笑われるかもしれないというだけで、時間帯を気にして運動に行きます。

近場のジムを探して入会しようと思います。