冬にダイエットが失敗しやすい理由と、真実

こんにちは、佐東拓弥です。

夜になると、甘いものが食べたくて、我慢できなくなります。

そんな日々が早2ヶ月ほど経つでしょうか。

う~ん、そういえば過去2回のダイエットの失敗も両方とも冬だったような気がします。

冬に失敗しやすい理由

冬に失敗しやすい理由としては、まずは寒いからです。

寒いと、外に行って運動する気にもなりません。

特に雪が降る地域だと天気も悪いし、なおさらです。

それと後は、忘年会、新年会、人によってはクリスマス、正月と続き、何かとカロリーの高い物を食べる必要のある行事が重なるからです。

長期休暇も重なり、お正月はのんびりするという日本人の風習により、絶対的に運動量も減ります。

運動量が減りますが、摂取カロリーはオーバーしやすくなります。

実は冬が痩せやすい

夏は汗をかき、痩せやすいイメージがあります。

しかし、実は1年で痩せやすいのは冬です。

体温を上げようとして、代謝が上がるからです。

この間違いはどこから来ているのでしょうかね?

脂肪が減りにくいというのは、冬は汗をかかないからそう思われているのでしょうか。

脂肪はただ汗をかけば落ちるというものではありません。

後は脂肪を蓄えるから痩せにくいと言われていますが、クマじゃないので心配ありません!!

オススメの運動はスイミング

冬の時期のオススメの運動は、市民プールでスイミングです。

外で運動しなくていいので、良く冬に通っていました。

冬は温水プールなので、寒さを感じることは少ないです。

とは言いつつ、一回目の入水は寒さを感じますが、次第に水の中の方があったかく感じます。

そして温水プールには必ずといっていいほど、お風呂がついているので寒くなったら入れます。

そして、水泳は運動の中でもカロリーを消費しやすい運動です。