ダイエット、寝不足は食欲を増す

睡眠不足は、健康のデメリットはもちろん、ダイエットにもデメリットがあります。

寝不足は食欲を増し、寝不足は肥満のリスクを高くすることが分かっています。

研究では25%食欲が上がるというデータがあります。

普段寝ている時間に食べるから、夜は太る

寝不足は、体内時計が乱れ代謝のバランスが悪くなります。

バランスが乱れると、食欲を増進(グレリン)させてしまいます。

そして食欲を抑える働き(レプチン)が低下します。

夜中に食べてしまう行為、嫌というほど経験してきました。

そして嫌というほど、罪悪感も経験してきました。

僕が夜中に食べてしまう時間帯は、大抵いつもなら就寝している時間です。

睡眠時間さえ誤らなければ、不必要な夜中の食事、ドカ食いを完全回避出来ていました。

そもそも起きている時間が長い分、お腹が減るリスクも高くなりますし、食べてしまうリスクも高いです。

夕食を食べてから寝るまでの時間が長ければ長いほどお腹が減っていくのは当たり前ですよね。

とくに睡眠不足は慢性的になっていることも多いですし、今一度睡眠の質を見直す必要がありそうです。

夜中は一番太るのですが、一番食欲が増してしまいます、それも寝る前。

全部、規則正しく生活しようとは思いませんが、ダイエットにおいては寝る時間だけでも規則正しくする必要があると感じました。

睡眠時間をケチるのは健康面だけではなく、ダイエットにも絶対に良くないことです。

次の日のダイエットの意欲にも影響してしまいます。