ダイエット中に起きる「気持ちの停滞期」とは

ダイエットにおいて「気持ちの停滞期」という言葉を知っていますか?

聞いたことがない人がほとんどだと思います、何故ならたった今、僕が思いつきで作った言葉だからです(笑)

我ながら、中々良いネーミングセンスをしていると感心している佐藤拓也です!

気持ちの停滞期とは

そもそも「気持ちの停滞期」とは何なのか。

ダイエットにおいて「停滞期」というのは認知されていますよね。

ダイエットをしていると体重が減らなくなる時期が来ます。

世間一般ではそれを「停滞期」といいます。

これはダイエットが順調という証でもありますね。

しかし、気持ちの停滞期は全く逆。

体重ではなく、気持ちがすり減ります。

ダイエット以外から来るストレスが原因になります。

外からのノイズがストレスになり、ダイエットにまで影響してくることを指します。

本来の意味で、停滞期に突入して体重が減らなくて挫折する人は多いですが、気持ちの停滞期とは少し違います。

気持ちの停滞期は、ダイエット以外のノイズが影響でストレスが溜まり、ダイエットにまで気持ちが回らなくなり挫折してしまいます。

とても厄介

厄介なのは、外からのストレスは防ぎようがないということです。

体重が減らなくなる方の停滞期は、待っていればまた体重が減り始めてくれます。

ですが、気持ちの停滞期は待っていれば治るものではありません。

とても厄介。

僕も今回、この気持ちの停滞期に入りました。

理由はやっぱりダイエット外の問題から来ていることに気づきました。

でも中々その理由はモヤモヤしていて、気づきにくいものなんです。

僕の場合は、焦りでした。

・少しでも早く痩せなければならない。

・少しでも多く稼がなければならない。

もっと掘り下げると、痩せることで、てんかん発作時の安全性を高めることが出来るのと、自分に自信がつきそうだからです。

ダイエットが成功することによって、今よりも収入が多くなると思っています。

なぜ、焦るのか、時間がないからです。

31歳という年齢で、同級生との差を感じるようになりました。

収入面でも、生活面でも、果てしない差を感じています。

そして、将来の不安。

てんかんの発作は今もあります、今は周りに父と母に助けてもらっていますが、いつかは居なくなります。

ずっと今の環境が続くわけではありません。

僕だって、小学生の頃は今の30歳の自分なんか想像も出来ませんでした。

その聞きたくもないのに、同級生の現状が耳に入ってきてしまい、知らず知らずのうちに自分と比較して焦っていました。

「自分は自分、他人は他人」分かっていても難しいですよね。