ダイエット中の、気持ちの停滞期の抜け出し方

最近のブログで散々書いてきた、気持ちの停滞期。

ダイエット中の身に起きた、予期せぬ障害。

内側ではなく、外側からくることもある、なおかつ避けることが難しいものです。

僕は、気持ちの停滞期に入ったとき、抜け出すきっかけになったのも、外部から刺激を受けたことでした。

そして、今回のことで新しく学んだことがあります。

待っているだけでは、抜け出せない

外部からのものは、自分でコントロールできない領域です。

ある日勝手にやってきます。

聞きたくなかった情報とか、知りたくない話題だったり、耳に入ってきた、ついつい聞いてしまった事はないでしょうか。

それで落ち込んでしまうことは誰でも経験がありますよね。

これは生きていたら、外部からのノイズは必ず入ってきます。

こうなってしまったら、放っておいても勝手に去ってくれるものではないという事です。

僕の場合は、外部からのノイズで落ち込みました。

しかし矛盾するようですが、抜け出すことが出来たのも、外部からの刺激でした。

友達が結婚するという情報を聞いて、周りに置いて行かれる、このままじゃダメだという気持ちで、切り替えることが出来ました。

でもこれは運よく、訪れただけで、運に任せていたら、いつまで経っても抜け出すチャンスが来ない可能性の方が高いです。

こう都合よく、やる気を出してくれるチャンスが訪れるものではありません。

抜け出す方法

人と比べないのが一番!

「そんなこと分かっとるわい!」という感じですよね(笑)

僕も比べたくもないのに、人と比べていました。

人と比べるときって、赤の他人ではなく、自分の知り合い、知っている人と比べてしまいます。

そのため、知っている人なので、比べた対象と身近に感じてしまい結果が嫉妬の感情、劣等感の感情が生まれます。

そんな思考から抜け出し、さっさとダイエットモードに戻る方法が、マインドフルダイエットです!

脳を変えて、太らない脳にします、一日や二日で身につくわけではありませんが、身につければ一生続けられるダイエット方法です。

効果を実感しました

他人と比べて、心の停滞期に入ってしまった僕。

でも抜け出した切っ掛けも、他人と比べたことでした。

比べた対象は違えど、どちらも劣等感、嫉妬からくるものです。

普通なら、更に落ち込みそうなものですが、逆に抜け出すきっかけになりました。

同じ感情なのに、どうして違うのか。

マインドフルネスの効果です、心がざわついてしまったとき、実践しました。

最初はうっかり忘れていたので結果的にノイズに悩まされましたが、その期間、気持ちが戻るまで毎日呼吸フォーカスをしていました。

すると、スッキリとします、他人と比べても負の感情が出てこなくなり、そして他人と比べないようになります。

最初の効果を感じるまでには一ヶ月から2ヶ月くらいです。

そのかわり我慢・根性が必要なく、なおかつリバウンドをしにくい一生涯続けることが出来るダイエット方法です。