カテゴリー
ダイエット

食べても痩せる?マイナスカロリーとは・・・!?

マイナスカロリーとは、ウィキペディアによるとこうなっています。

マイナスカロリー食品(Negative-Calorie food)は、消化に食品のエネルギー(カロリー)よりも多くのカロリーが必要と考えられている食品。

(出典:Wikipedia)

つまり、食品のカロリーよりも、食べることによ消化される消費カロリーの方が、高いことです。

そんな夢のような食べ物があったら、食べるだけで痩せることになりますね!!

ただし、最初にお伝えしますが、科学的根拠はないそうです(笑)

マイナスカロリーと言われている食品

マイナスカロリーと言われている商品を上げていきます。

・キュウリ

・レタス

・キャベツ

・トマト

・セロリ

・わかめ

びっくりですが、果物もマイナスカロリー食品な物があります。

・リンゴ

・グレープフルーツ

・パインアップル

等々、上げたらきりがありません。

ネットで調べても、サイトごとに書いてある食材が違います。

それほど、人間は消化にカロリーを使うと言うことですね。

しかし、最初に述べた通り、ゼロカロリーは神話的な部分があります。

今までのダイエットに共通する

今までテレビなどで色々な、食べる◯◯ダイエットが出てきては消えましたが、その多くがマイナスカロリーの食材にあるということに気づきました。

トマト、キャベツ、わかめ、リンゴ、グレープフルーツ。

今まで流行ったダイエットと同じ食材がチラホラありますね~。

実はゼロカロリーという言葉を最近まで知らなかったのですが、昔からある考えらしいです。

食べて痩せたいのでしょう。

それほど、ダイエットにおける空腹が辛いということですね。

カテゴリー
ダイエット ダイエット定期報告

僕には無理だった、ローフードダイエット

こんにちは、佐東拓弥です。

最近始めたダイエットがローフードダイエットです。

会社の人は誰も知りませんでした、テイラースウィフトが実践していたダイエットで有名なダイエットです。

ということで、会社では僕が広めたことによりテイラーダイエットと呼ばれています。

だから「痩せたらテイラーになるかもね」なんて笑われたりします(笑)

ローフードダイエットとは

ローフードダイエットとは、46度以上の熱を加えないようにして食材を食べるダイエットです。

熱を加えずに食べることで、酵素を壊すことのなく摂取することが出来ます。

基本は、野菜、果物を食べます。

ドライフルーツ、生ナッツもOK。

たまご、肉、魚は食べることは出来ません。

しかし中には生卵、生魚は食べてもよしとする方法もあります。

僕の場合は、純粋な野菜、果物を食べるローフードダイエットに挑戦しました。

男には辛い、ローフードダイエット

最初は、糖質を制限しなくてもいいし、楽だと思っていました!

ですがふたを開ければ、毎日料理を作る料理男子ならともかく、僕には無理でした・・・

ローフード料理というよりは、そのまま生野菜や果物を食べていました。

スムージーという手もありましたが、ちょっと前まで置き換えドリンクダイエットをしていたので、今回はしませんでした。

スムージーにする機械もありませんでしたし。

ですが、僕がローフードメニューなんて作れるわけでもなく、また、作ろうと思うわけもなく。

結局は丸かじりになってしまいました。

ですが、丸かじりって、しんどいです。

ドレッシングに、マヨネーズを使いました、さすがに何もなしは辛かったので。

なので、キュウリとかレタスなどは割と食べれました。

ですがトマトが、一番つらかった・・・。

個人的に、トマトにドレッシングは合わないと思っているのですが、別に嫌いではありませんが、生で丸かじりは1個で限界を悟りました。

ローフードメニューを作れる人にはお勧めです。

カテゴリー
ダイエット

てんかん患者の初プールの感想

ダイエットでプールを取り入れた僕ですが、実は初めてのプールだったりします。

僕は小さい頃からの癲癇持ちなので、プールや海に全く縁のない人生を送ってきました。

プールの時間は、足に水を付けるくらいで、毎回見学をしていました。

風呂以外に水に浸かったことがありません。

もっぱらシャワーで湯舟にもあまり浸かったことがないですが。

31歳の初プール

運動においては、プールが良いと言うことは周知の事実ですが、初めから選択外でした。

しかし、ダイエットの運動にマンネリを感じ始めたのと、いくら痩せても継続しても一向に体力がつく気配がなかったから、プールを検討し始めました。

事情を話したら医者と、プール側の承諾を得たので、いざ初プールに。

これまで水に潜ったこともなかった人間でしたので、最初は水中ウォーキングから始めました。

いつまでも歩けるし、体の負担は軽く、腰も痛くありませんでした。

ですが、プールを始めて1ヶ月ほどで、隣のレーンで泳いでいた人を眺めていると、泳ぎたくなってきました。

最初はビート板で足をバタバタしてました、しかしいつまでも耳に水が入る感覚も嫌で、潜ることも出来ずにいたので、中々ビート板なしで泳ぐ勇気が出なかったのです。

でも、一度だけ何かの教室が開催されていて、ビート板が借りれなかったことがあり、そこから潜れるようになり、ビート板なしでも泳げるようになりました。

プール運動を始めてから、一ヶ月単位でみると、体重の変化は全然違いましたね~。

 

カテゴリー
ダイエット

ダイエットで楽で効果的な運動は?

こんにちは、佐東拓弥です。

ダイエットは大変です、運動も必要だし、食事改善も必要になります。

個人的にカロリー制限よりも、運動の方が辛いです。

では一番楽な運動は何か、佐藤拓也が今までした運動で一番長続きして、尚且つダイエットに効果があった運動を発表します。

プールが、有酸素運動の中で一番楽でした。

僕が実践した運動で楽で、もっとも効果があったのがプールです。

疲れないわけではありませんが、楽でしたね。

プールは今回のダイエットから取り入れたのですが、効果は抜群でした。

思えば人生初のプールです(笑)

小さい頃からの持病で、プールに入る機会もなかったので。

でも、プール側に話したら、大丈夫と言われたので、入ってみることに。

結果今までの運動で、一番長く続けることが出来ました。

水の中なので、体の負担が減ります。

体への負担が体重の1/3ほどになると言われています。

そしてプールでのウォーキングは2~3倍、ただのウォーキングに比べて消費カロリーが高くなります。

一ヶ月単位で見ても、体重の減りが早かったです。

僕は普通のウォーキングは、あまり長く歩けません。

すぐ疲れるので、1時間歩いたとして、半分以上は立ち止まってスマホをいじったり、道草をしてしまいます。

1時間~2時間ほどウォーキングに出かけていましたが、実際の距離は大したことありません。

毎日、かけた時間に合わない運動量でした。

しかし、運動の場をプールに変えると、明らかに運動量が増えました。

いつまでも歩き続けることが出来ます。

室内なので天気に左右される心配もなく、気温も一定を保っています。

汗でべた付く心配もありません。

泳ぎを取り入れた

プールに通っていたときは、最初は、ビート板を使ったりしていましたが、水泳を取り入れていました。

基本水中ウォーキングだけだと、同じ道を行ったり来たりするだけなので、飽きてきます。

それと、たまに常連のおばさん達が、ウォーキング中に話ながら歩くので邪魔だと感じることがあります。

そんな時は隣のレーンに行って泳いでいました。

流石に泳ぐと疲れるのですが、そしたらまたウォーキングのコースに戻ります。

そうやって、運動していました。

 

カテゴリー
ダイエット

冬にダイエットが失敗しやすい理由と、年間で最も痩せやすい事実

こんにちは、佐東拓弥です。

夜になると、甘いものが食べたくて、我慢できなくなります。

そんな日々が早2ヶ月ほど経つでしょうか。

う~ん、そういえば過去2回のダイエットの失敗も両方とも冬だったような気がします。

冬に失敗しやすい理由

冬に失敗しやすい理由としては、まずは寒いからです。

寒いと、外に行って運動する気にもなりません。

特に雪が降る地域だと天気も悪いし、なおさらです。

それと後は、忘年会、新年会、人によってはクリスマス、正月と続き、何かとカロリーの高い物を食べる必要のある行事が重なるからです。

長期休暇も重なり、お正月はのんびりするという日本人の風習により、絶対的に運動量も減ります。

運動量が減りますが、摂取カロリーはオーバーしやすくなります。

実は冬が痩せやすい

夏は汗をかき、痩せやすいイメージがあります。

しかし、実は1年で痩せやすいのは冬です。

体温を上げようとして、代謝が上がるからです。

この間違いはどこから来ているのでしょうかね?

脂肪が減りにくいというのは、冬は汗をかかないからそう思われているのでしょうか。

脂肪はただ汗をかけば落ちるというものではありません。

後は脂肪を蓄えるから痩せにくいと言われていますが、クマじゃないので心配ありません!!

オススメの運動はスイミング

冬の時期のオススメの運動は、市民プールでスイミングです。

外で運動しなくていいので、良く冬に通っていました。

冬は温水プールなので、寒さを感じることは少ないです。

とは言いつつ、一回目の入水は寒さを感じますが、次第に水の中の方があったかく感じます。

そして温水プールには必ずといっていいほど、お風呂がついているので寒くなったら入れます。

そして、水泳は運動の中でもカロリーを消費しやすい運動です。

カテゴリー
ダイエット

調子に乗って、翌日お腹を下しました。

昨日のことです、夜寝れなくて、夜中にも関わらずドカ―っと食べてしまいました。

なんかサンドウィッチを食べたくなりました。

ついでにソフトクリームも食べたくなりました。

ただコンビニにソフトクリームは売っていないので、コンビニでサンドイッチを買ってから、マクドナルドに行ってまいりました。

こういうとき、車に乗れたら楽なんでしょうが、自転車でGO。

でも、たまたまメンテナンスの時間で、アイス系統は販売停止していました。

マックシェイクすすりながら帰ろうと思っていたのですが、なぜか夜マックのセットを注文していました。

家に帰ってから、サンドウィッチとマックのセットを食べてしまいました。

翌日のツケは翌朝に

それですぐ就寝したのですが、翌朝(このブログを書いている日)大変な目にあいました。

お腹が痛い・・・午前中はトイレにこもっていました。

昔は、寝る前に食べても翌日も何ともなかったけど、年齢を重ねるとそうはいきませんね。

寝ている間は消化がされないので、食べてすぐ寝ると、お腹の調子が悪くなります。

これらのことは、10数年前に言われていたことです。

今はちょっと違うみたいですが、年々新しいことが分かってきますね。

どちらにしろ、あまり良くないです。

ただし後悔することはもっと良くありません。

ダイエット自体が嫌になってしまうからです。

 

でも、ここまで急に体の変化が来るとは。

年を取ると、食べれなくなると言いますが、それの前兆でしょうか。

というか、なぜ年をとると食べれなくなるんですかね。

これは調べる必要がありそうです。

カテゴリー
ダイエット

糖質制限否定派の記事を見つけました。

こんにちは、糖質制限ダイエットは賛否両論です。

糖質を抜くことで効果があるという人もいれば、糖質を抜くことそのものに意味はないという人もいます。

単純に摂取カロリーが減るから痩せるという意見です。

どちらにせよ、結果がどうであれ糖質制限ダイエットをすることで痩せるのは確かなので、僕は肯定派になるのですかね。

ただ、敢えて言うなら、自分としては痩せれば何でも良い派です(笑)

否定派の意見

面白い記事を見つけました。

メンタリストで有名なDaiGoさんが書いた記事です。

食欲が増える原因の一つに脂質があります。

ある実験によると、炭水化物をとった場合と油ものを食べた場合、どちらも太ることは変わりませんが、油ものを食べたほうが990キロカロリーぶんも食欲が増えたそうです。

つまり、油ものを食べると、よけいに食べたくなるのです。実際に、油ものがあるとご飯がやたらと進んだり、ラーメンでも脂っこいほうがついつい替え玉を追加したりしがちになりますね。

炭水化物よりも脂質をカットしたほうが効率よくやせるという研究もあります。

脂質は食欲を暴走させてしまうのです。つまり、食欲を抑えるためには、脂質を減らす必要があります。

(引用:https://r25.jp/article/723865840057873351)

このような研究結果も出ているそうです。

DaiGoさんのYouTubeなどを良く拝見しているのですが、ためになる動画を多数投稿していますので説得力があります。

太るのは摂取カロリーの問題で、糖質を摂取しても抜いても、同じ総摂取カロリーなら太るとのことです。

無理して我慢しなくてもいい

このダイエットの良いとこは、炭水化物を無理して我慢する必要がないということです。

記事によると、夜寝る前におにぎりを1個食べると、翌日の運動で脂肪が燃焼しやすくなるというデータもあるそうです。

ですが、翌日に運動するつもりがないなら、避けた方がいいかもしれませんね(笑)

もう一つ利点として、睡眠の質も良くなるそうです。

今はずっと置き換えダイエットをしていますが、いい加減飽きてきたところでした。

次はこのダイエット法を試してみようかと思います。

カテゴリー
ダイエット ダイエット定期報告

ダイエットの身が再度入ることに成功しました。

こんにちは、佐東拓弥です。

ダイエットの記録を取り始めて246日目になりました。

すみません、2ヶ月ほど前からダイエットに身が入らなくなってしまいました。

原因は前回も書きましたが、1ヶ月に1回の何でも食べれる日(ドカ食いdays)を迎えたことによるものです。

ダイエットを始めてから、120㎏あった体重は、大体半年で99㎏を切ることができました。

しかし、半年続けてもたった1回の解禁日を迎えて次の日から、ダイエットモードに戻りきることは出来ず・・・

2ヶ月ほどそのような時期があり、99㎏切っていた体重は、たった2ヶ月で109㎏にまで戻ってしまいました。

ドカ食いした翌日、ダイエットを始めようにも欲求がすごくて、どうにもなりませんでした。

それが数日続けば、どうでもよくなります。

でも、それからも毎日体重を計っていましたし、ダイエットを辞めたわけではありませんでした。

体重計に乗り、徐々に体重が増えるたびに、どこかでダイエットを再開しなければという思いはありました。

ふとした出来事で再燃

自分が太っていることに対して、落ち込むような出来事がありました。

それで、切れかけていたダイエットの思いが再燃したのです。

109㎏あった体重は一週間で、105㎏まで落とすことに成功しています。

最初にダイエットを始めたころは、次の日から1週間ほど欲求がすごくて、中々苦しい1週間を過ごしました。

今までもダイエットをしようとしても、この1週間が耐えられずダイエット自体を始められないパターンが多かったですね。

それが、今回は2日程度で済みました。

何か切っ掛けがあれば、ダイエットを始めることが出来ます。

しかし、中々切っ掛けってありません。

僕はこのHPが皆さんの切っ掛けになれば嬉しいです。

カテゴリー
ダイエット

間違ったやり方をしているかも!?糖質ダイエット

ダイエットで失敗する人に見られる傾向は極端な食事制限。

仮に成功してもリバウンドしてしまうのは、その食生活を続けることが出来なかったからです。

現実的な食事制限が出来ていなかったからですね。

糖質制限ダイエットが分かりやすい例です。

糖質ダイエットの間違い

まず、糖質ダイエットでやってしまいがちなのが、サラダなどの軽食しか摂取しないようになることです。

糖質制限ダイエットは、カロリー制限ではなく糖質制限です。

なのに次いでと言わんばかりにカロリーまで制限してしまいます。

僕のことですね、その方が楽なんですよねー!

サラダなどの軽食が手っ取り早くて簡単です。

でもカロリー制限と糖質制限、一緒にすると体に悪いです。

そもそも続きません、ここに実体験がおります。

糖質を制限するだけで、カロリーは摂取しても大丈夫なのです。

逆にカロリーを摂取しないと、絶対に失敗します。

糖質を制限しながらカロリーを摂取するのは難しい

ですが、糖質を制限しながらカロリーを摂取するのは難しいことなんです。

糖質制限ダイエットは、肉中心の食生活になります。

質のいいタンパク質、低糖質の肉となると、牛肉などに絞られてきます。

サラダを取り入れることもありますが、野菜にも糖質が高い食品があるため、選んで食べる必要があります。

糖質制限ダイエットはお金がかかるというのは、ここにあります。

太るよりも痩せる方がお金がかかるなんて皮肉なものです。

カテゴリー
ダイエット

目を閉じるのは逆効果!?睡眠につきやすくなる方法

こんにちは、佐東拓弥です。

夜、寝れない日。

明日は仕事だからと無理やりベットに入り、目を閉じてしまいがちです。

ほぼ100%経験しているのではないでしょうか。

目を閉じても寝れませんよね。

そこで、眠れない夜に眠りにつきやすくなる方法をご紹介します。

眠れないときは起きている

寝よう寝ようと、寝ることに意識を持っていくと、寝れないことが多いです。

しかし、寝れないことによる不安や苛立ちがストレスとなり、更に寝れなくなります。

明日仕事なのに、寝れなくて定期的に時計を見てしまう。

そしてついつい、出勤時間まで、何時間眠れるか計算をしてしまいます。

そうすると6時間寝れるはずが、5時間、4時間となっていく。

経験ありませんか?

今日の僕はまさしくそうです(笑)

ですがある研究データで、眠れないときは起きていた方が、その後の寝つきが良いという結果が出ました。

私たちはついつい寝よう寝ようとしてしまいますが、眠りにつくまで起きているのも手ですね。

実際に試してみた

そうは言っても次の日仕事なのに、布団に入らず起きているのは少し怖いですよね。

ということで、自分も次の日仕事なのに寝れなかったので今日試してみました。

一旦寝れなくなると、僕の場合は朝方4時くらいまで眠れません。

布団の中でイライラしながら不安に襲われ、それでまた寝れなくなる、上に書いた通りのことを繰り返します。

ブログのネタになると思いつつも、次の日も仕事なのに試すのは怖いものがありました。

ですが、次の日仕事の日じゃないと、あまり意味がありませんよね。

ということで試してみました!

眠れない日はいつも夜中2時3時を回ってしまいます。

今回、ベッドに入らずに自然に眠くなるまで起き続けてみたところ!!

4時に眠りました。

ですが「検証しよう」という気持ちが強かったので、変に気持ちが高ぶっていました。

数回続けることにより、慣れる必要がありそうです。

でもイライラはしませんでした。

自分の意思で起きているからです。

その間は本を読んで自然に眠たくなるまで過ごしていました。